手縫いの革小物を中心に、自家採種の野菜栽培の記録なども綴ります。
気まぐれで異文化の記録写真や猫さんも。

アコーディオン型の小銭・カード入れ(ワインレッド/名入れ)

f:id:abemarwarid:20170722044656j:plain

 

こちらは、母の日のプレゼント用にご注文いただいたアコーディオン型の小銭・カード入れです。

セミオーダーとして、お店の刻印無し、内側に名入れをしています。

発送が少し遅くなってしまったのですが、なんとか記念日に間に合いました。

手元に届き、喜んでいただけた様子で安心しました。

ありがとうございました。 

 

続きを読む

アフガニスタン東部とペシャワールの野菜事情

f:id:abemarwarid:20170724040058j:plain

 

 アフガニスタン東部とパキスタン西部ペシャワールの野菜事情について書いてみます。(独断と偏見と曖昧さが随所に含まれています)

まず、ペシャワールという地域は、元来パシュトゥン民族が住むアフガン側の領域であったため、パキスタン領となった現在でもパシュトゥン民族(パキスタン国籍)が生活者の多くを占めています。(大英帝国によって分断)

そのため、食や生活の文化もアフガン色が強いところです。

 

続きを読む

一枚革の名刺入れ(チョコ × 麻糸オレンジ)

f:id:abemarwarid:20170721222857j:plain

 

こちらはプルアップレザーのチョコと、オレンジの麻糸の組合せです。

フタの内側には名入れをしています。

オレンジのステッチが良いアクセントになり、本体の色味をより引き立たせてくれています。

素敵なご注文ありがとうございました。

 

続きを読む

コックと少年

f:id:abemarwarid:20170721032149j:plain

 

ここは2005年頃のペシャワールのハッジ・キャンプと呼ばれる場所の一角・・・

だったと思いますが(笑)、アフガニスタンへの荷物の発着地点として、多くのロシアンダンプが往来していました。

近くに大きなバスセンターがあり、そこからハッジ(聖地メッカ)へ向かうためのバスが発着するので、ハッジ・キャンプと呼ばれているようです。

他の地域にも同様の場所があるようです。

 

続きを読む

自分用のボックスコイン付き二つ折り財布

f:id:abemarwarid:20170721005932j:plain

 

左側のお財布は、たぶん7~8年くらい前だと思いますが、軽くて薄くて小さくて必要十分な機能性を備えたオシャレな財布が欲しくて自分用に作製したボックスコイン付の二つ折り財布です。

実際に使い込んだのは5年くらいでしょうか。

 

続きを読む

セミオーダーの巻き紐ペンケース(オリーブ × ワイン、2色ステッチ、名入れ)

f:id:abemarwarid:20170719235445j:plain

 

こちらも以前セミオーダーいただいた、オリーブ色のペンケース 2種です。

左側の作品は、プレゼント用にとのことで、カーキ色の麻糸と内側に名入れを入れています。

右側の作品は、オリーブ×ワインの丸ボタンをベースに、同2色の麻糸で2色ステッチを入れています。

 

続きを読む

セミオーダーの巻き紐ペンケース(ブルー × オレンジ)

f:id:abemarwarid:20170717180506j:plain

 

以前、ご注文いただいたペンケースのセミオーダー作品です。

・革色ブルー × オレンジの丸ボタン

・2色ステッチ(ナイロン系糸のワイン × ターコイズ

・名入れ(お名前は一部伏せています)

配色が良く、素敵な仕上がりでした。

ありがとうございました。

 

続きを読む