手縫いの革小物を中心に、自家採種の野菜栽培の記録なども綴ります。
気まぐれで異文化の記録写真や猫さんも。

手縫いのブックカバー(皮革:ワインレッド/糸:ビニモ・ワインレッド)

f:id:abemarwarid:20170921191209j:plain

 

こちらは、プレゼント用にご注文いただいた文庫用のブックカバーです。

セミオーダーの指定で、糸は蝋引きビニモのワインレッド、お店の刻印無しで作製させていただきました。

どうもありがとうございました。

 

続きを読む

軒下栽培の様子(9月)

f:id:abemarwarid:20170914121003j:plain

 

9月に入って気温も30度を下回るようになり、めっきり秋めいてきました。

モロヘイヤ、エンサイ、ツルムラサキ、ササゲ、大葉は毎日程よく収穫が続いていますが、実物野菜たちは相変わらず栄養成長に偏ってボーボーに茂り続けており、収穫は雀の涙程度です。

しかしそんな中、ようやく茄子が本気を出してきた様子で、実を付け肥大し始めました。

 

続きを読む

【試作】二つ折り財布(ボックスコインタイプ) オレンジ × ワイン × チョコ

f:id:abemarwarid:20170912165643j:plain

f:id:abemarwarid:20170912165651j:plain

 

二つ折り財布の試作3つ目です。

今回は、オレンジを主体に、内部をワインレッド、札入れをチョコで組み合わせてみました。

前回の「【試作】二つ折り財布(ボックスコインタイプ) ワイン × オリーブ × チョコ × オレンジ 」から大きな変更は無いですが、各パーツの微調整と、ボックスコイン手前の折り込みに少し段差を設け、小銭が収まりやすくなるように工夫を加えてみました。

これによって小銭を多めに入れた際に財布の表面が反り返る状態が軽減されます。

 

続きを読む

アコーディオン型の小銭・カード入れ(作業工程)

f:id:abemarwarid:20170907112000j:plain

 

アコーディオン型の小銭・カード入れの作業工程を少しご紹介します。

キノコのシルエットのような形をしていますが、この後いくつかの工程を経て、前回投稿の「アコーディオン型の小銭・カード入れ(ブルー)」になっていきます。

 

続きを読む

アコーディオン型の小銭・カード入れ(ブルー)

f:id:abemarwarid:20170907101119j:plain

 

コロンとした表情が特徴的な、アコーディオン型の小銭・カード入れ(ブルー)です。

1.2㎜厚の一枚革を折り込み、内側には0.7㎜厚の革で仕切りを設けています。

外面に継ぎ目や縫い目が無いため、使用していく中での摩擦などによる劣化が抑えられ長くお使いいただけます。

 

続きを読む

カバブ屋の若旦那

f:id:abemarwarid:20170722175716j:plain

 

ペシャワールのオールドバザール(旧市街)に、ナマックマンディ(塩市場)と呼ばれる地域があります。

そこには多くのカバブ屋さんが軒を連ねているのですが、その中でも「チェルシー」と「タネダール」という知る人ぞ知る2大名店が存在します。

この写真のお店はチェルシーの方で、パシュトゥン人である2代目店主の彼はアフガン難民の子供で、小さいころからお父ちゃんの手伝いをして腕を磨いていったそうです。

 

続きを読む

手縫いのキーホルダー with 花カシメ (オレンジ × 花カシメ:ブルー)

f:id:abemarwarid:20170821182627j:plain

f:id:abemarwarid:20170821182638j:plain

 

オレンジの革に、ブルーの花カシメ(実際には水色です)の組合せに、青の麻糸のステッチで縫い上げたキーホルダーです。

金具はフックの部分以外は真鍮製を使用しています。

 

続きを読む